女の人

妊娠線を予防できるクリーム|妊娠してからずっと塗布しよう

原因と対策

お腹

妊娠すると気になるのが妊娠線です。お腹が急激に大きくなると、皮膚が外側に引っ張られて真皮が裂けるように断裂します。これを妊娠線といいますが、通常妊娠してから5.7か月に出てくるものです。妊娠線が出るのには個人差があり、おへその下だけ線が出たり何十本も出てきたりする場合もあります。中には、ひび割れのようになる人も少なくなく、お腹を含め太ももやヒップ、二の腕、バストを中心に妊娠線が出るケースもあります。皮膚は表皮、真皮、皮膚組織の三層に分けることができますが妊娠すると皮下組織の中の脂肪細胞が急激に太り始めます。それに伴い表皮が伸びるため真皮と皮下組織がスピードについていけず断裂します。この箇所からは毛細血管が透けて見えるため、見た目もあまり良いとはいえません。妊娠線もスイカの皮やシマウマの模様のように出る人も大勢います。また、妊娠中はステロイドホルモンの分泌が急激に増えますが、このホルモンこそ肌のターンオーバーを手助けしてくれます。しかし、新陳代謝が思うようにいかないと妊娠中のお腹も弾力を失い、妊娠線が発生しやすくなるわけです。そのため、急激にお腹が大きくなっただけではなく、肌の再生力が失われた際にも起こるといわれているのです。

妊娠線を予防するためには、専用のクリームを使って丁寧にケアをしなければいけません。また、アトピー体質や肌が乾燥気味の人も、皮膚の断裂が発生する可能性が高くなるので、妊娠が発覚したそばから妊娠線の予防ができるクリームを積極的に利用するほかありません。近年の予防クリームは、断裂を抑える有効美容成分が多く含まれるので、塗り続けるだけで妊娠線を上手に予防できるでしょう。お手軽な値段の予防クリームもありますので妊娠中は気軽に塗布できます。加えて、お風呂に浸かったり適度な運動をしたりすれば、妊娠線を作ることもないでしょう。

老ける原因

クリーム

老化と共に衰えてくる肌の弾力は、若くいたい女性にとって大敵でしかありません。オールインワンゲルを使ったケアが今後欠かせなくなるでしょう。肌をきめ細かく整えられるのは、とても人気があります。

もっと読む

上品な可愛さ

コスメ

ディオールのコスメは、上品で可愛らしい自分になれると大変な人気を得ています。ちょっと背伸びしたメイクがしたいなら必見でしょう。店舗やネットで気軽に購入できます。

もっと読む

人気の商品とタイプ

レディ

肌のくすみや乾燥は、30代によくみられる肌トラブルです。これらを解消するための洗顔は、ランキング形式で紹介されているのでチェックしましょう。洗い続けることで肌の質がワンランク上がります。

もっと読む

Copyright © 2017 妊娠線を予防できるクリーム|妊娠してからずっと塗布しよう All Rights Reserved.